jb
Android4.3が発表されました (*・ω・)ノ



高速化&グラフィック強化! 「アンドロイド4.3」の機能まとめ


たかがマイナーチェンジ、されどマイナーチェンジ
Googleは、新OSアンドロイド4.3を発表しました。コードネームは変わらず、『ジェリービーン』のままです。
アンドロイド4.3は最初に第2世代『ネクサス7』で使えるようになり、その後Google Editionのスマホでインストールできるようになるとのことですよ。
バージョン数の小幅な上がり方やコードネームが変わっていない点から分かる通り、今回は大幅変化はないマイナーバージョンアップとなります。とはいえ、その内容はなかなかの充実っぷりです。
具体的な内容はGoogle公式(紹介ページ / 開発者用)を見ていただくとしまして、この中から特に気になった部分をここでご紹介いたします。


高速化とグラフィックの向上
4.3より全体的なパフォーマンスを最適化し、タッチの待ち時間軽減やCPUの処理が高速化するようです。VSYNCタイミング、トリプルバッファリング、CPU入力ブーストなど難しい言葉で説明されていますが、つまりは速くなるってことです。
また、Open GL:ES 3.0という最新の技術をサポートしたことにより、従来よりもグラフィックが格段に向上するようです。


Bluetooth接続
Bluetooth Smart(ブルートゥース スマート)と呼ばれる新技術に対応しました。
これにより、低電力なフィットネス機器などに接続できるようになるとのことです。


ユーザープロファイル機能の強化
アンドロイド4.2からある機能の改善です。複数のユーザーが1つのアンドロイドを使用できるプロファイル機能で、特定のユーザーに機能制限ができるようになりました。
たとえば、子供用のプロファイルでは、課金や設定の変更ができないように、ということが可能になります。
その他にも、多くの新機能が搭載予定です。個人的には、高速化とグラフィックの向上に期待しちゃいますね。
ひさびさに更新された、アンドロイドOS。少しぐらい後になってもいいので、筆者が使用中のスマホにも4.3アップデートが来て欲しいと祈るばかりでございます。

http://www.tabroid.jp/news/2013/07/android-43-whatnew.html