cr
CryEngine3であの会議室を再現した画像が公開されました (*・ω・)ノ



Fox Engineへの挑戦状? 海外ModderがCryEngine 3で例の会議室を再現


『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』や『ウイニングイレブン 2014(Pro Evolution Soccer 2014)』などで採用されている小島プロダクション開発の次世代ゲームエンジンFox Engineですが、海外ModderのgametimeさんはCrytek開発のゲームエンジンCryEngine 3がFox Engineと張り合える事を証明するため、Fox Engineが過去に披露した例の会議室をCryEngine 3で再現しました。

かなリのクオリティで再現されたこの会議室ですが、レベルはリアルスケールでオブジェクトはすべて物理特性を持ち、アセットの多くはParallax Occlusion Mappingを使用しているとの事です。また、TVモニタにはVideo Player Pluginが使用されており、実際に映像を表示する事も可能となっているようです。

CryEngineを開発するCrytekは過去に『メタルギア』25周年を祝福するため小島秀夫氏を本社に招待していましたが、今後も良きライバルとして小島プロダクションと切磋琢磨し、Fox EngineとCryEngine 3の両エンジンが更に進化していく事を期待したいですね。


cry
cry2
cry3
cry4
cry5
cry6
cry7

http://gs.inside-games.jp/news/422/42227.html


・ Fox Engineでの会議室
fe2
fe