mba
MacBook Airを購入しました (*・ω・)ノ




諸事情でMacが必要になったためMacBook Air(以下MBAと表記)を購入。

今までWindowsしか使ったことがなかったので初めてのMacとなります。

今年の夏にRetinaディスプレイが搭載されたMBAが発売されるという噂もありますが、どうなるんでしょうね。

今回購入したMBAのスペックは下記の通りです。



液晶サイズ 11.6 インチ
解像度 WXGA (1366x768)
CPU Core i5 1.7GHz/2コア
SSD容量 128 GB
メモリ容量 4GB
ビデオチップ Intel HD Graphics 4000
Webカメラ
Thunderbolt
USB3.0
OS Mac OS X Mountain Lion
幅x高さx奥行 300x17x192 mm
重量 1.08 kg

http://www.apple.com/jp/macbookair/specs.html


お値段は現在Amazonで82,132円。

それでは、早速開封したいと思います。




こちらが外箱。

00372


箱を開けるとすぐに本体が見えます。

00375


本体を取り出すと、付属品が丁寧にしまわれています。

00376


付属品は、
・45W MagSafe 2電源アダプタ
・ACウォールプラグ
・電源コード
・製品マニュアル

00377


こちらが本体。

00378


本体右側にはUSB3.0ポート、thunderboltポートがあります。

00388


本体左側にはUSB3.0ポート、MagSafe 2電源ポート、ヘッドホン端子があります。

00385


ディスプレイを開けるとこんな感じ。

00392


ディスプレイは11.6 インチのワイド液晶、解像度はWXGA (1366x768)。

画面上部にはWebカメラがあります。

00394


キーボードはバックライト付きなので暗い所でも作業ができます。

00396


それでは、本体を起動したいと思います。

電源を入れると設定画面が表示されるので、指示に従って進めていきます。

00397


設定が終わるとデスクトップが表示されます。

画面下部にあるDockが特徴的ですね。

00402


Dockは位置を変更することもできます。

00406
↓現在のデスクトップ
mbasc


以前購入したAcerのUltrabook「S7-391-F74Q」と比較するとこんな感じ。

厚さはMBAの方がS7-391-F74Qよりも0.5cm程(一番厚い所で)厚くなっているようですが、

見た感じはたいして変わりません。

00407
00413


初めてのMacだったので、最初は色々と戸惑いましたが何時間か触っているうちに慣れました。
やはりデザインのかっこよさや、トラックパッドの使いやすさなどが印象的でしたね。
11インチで1.08 kgと持ち運びに便利なのも良かったです。
WinユーザーでMBAなどがほしいという方は、下記の「初めてMacを使用して感じたこと」も参考にしていただけたらと思います。




初めてMac(MBA)を使用して感じたこと


ここでは、数日間使用していくつか気になったことをまとめてみたいと思います。


 若干キーボードの配置が違う。

まずはキーボードについてです。
MBAではWindowsのキーボードと異なっている部分が多々あります。
例えばBack spaceが無く、deleteがそれと同じ役割を果たしていることや、
Winではなかった「command」「option」キーが有るなど。
(ちなみにfn+deleteで後ろが消えるようになります)
最初に見たときは少し驚きました。


 アプリのインストールはアプリケーションフォルダに入れるだけ。

Macのアプリについてです。
これもWinとは違い、appファイルをアプリケーションフォルダに入れるだけでインストールができます。
アンインストールも簡単で、アプリケーションフォルダにあるappファイルを削除すればOKです。
ちなみに、通常Macのアプリはdmgと呼ばれるディスクイメージの形式で配布されています。
(Appストアからのインストールだと自動的にインストールしてくれます。)


 ウィンドウを閉じてもアプリが終了しない。

そのままなんですが、ウィンドウを閉じてもアプリは終了しません。
Dockにあるアプリの場合は右クリック→終了で終了することができます。


 メニューバーは全アプリ共通。

Macのデスクトップ上部にあるメニューバーはWinのツールバーとは違い、
全アプリ共通のメニューバーとなっています。
最初にテキストエディタを開いた時、「保存」が無いと焦りました^^;


 デスクトップが増やせる。

Winでもアプリを使えば仮想デスクトップ的なものは実現可能です。
が、Macだと標準の機能でデスクトップを増やすことができます。
これは便利。


細かいことを上げていくと他にもいくつかありますが今回はこの辺で。
Winユーザーの管理人が気になったポイントでした。